リヒテンシュタイン公国 li50_ygs.gif

 リヒテンシュタイン公国は、オーストリアとスイスに挟まれ、切手で名高いとても小さな国。面積は瀬戸内の小豆島ほど。この国が独立して存在する面白いエピソードとともに巡ります。

リヒテンシュタイン公国

 国王が不在ではなく、国にいらっしゃる時は、城壁の上に国旗が翻ります。DSCF4395.JPG▲国王が在国の印の国旗
 徐々に標高を増す鉄道からの氷壁や変わりゆく風景を楽しみながら、鉄道はゆっくりと昇っていきます。2012年にユングフラウ鉄道100周年を迎え、スフィンクス展望台も新たなアトラクションスペースが誕生。氷河の中をくぐり抜けると、様々な光景が楽しめます。

リヒテンシュタインスタンプ.jpg▲記念の入国スタンプスフィンクス展望台からは、世界遺産のアレッチ氷河が一望できます。目前にメンヒの頂をまじかに見ることができます。また、天候が良い時は、外に出て積雪を踏みしめることもできます。
kitte.jpg▲ファドーツ切手博物館 入館無料そんな光景を目標に、私たち添乗員はお客様をご案内いたします。

問い合わせはお気軽に
株式会社エスティーエス
営業時間9:00〜18:00
定休日:土曜/日曜/祭日
〒730-0852 
広島市中区猫屋町3-9 
STS本社ビル
082−292−2214
STS QRコード.png