ドイツ de50_ygs.gif

 ドイツでは、牧歌的な風景が楽しめるロマンチック街道をはじめ、歴史深い様々な古城や町を巡ります。

ハイデルベルク

 世界中の数多くの観光客や学者を惹きつけてやまないハイデルベルクは、人口14万人強で、バーデン=ヴュルテンベルク州で5番目に大きな都市。
DSCF3901.JPG▲エリザベート門そんな都市に今も残るハイデルベルク城は、13世紀から18世紀まで、ヨーロッパ建築様式の一大展示場のようなもの。代々の当主によって継ぎ足されたり、立て直されたりした痕跡が残っており、各々の様式の相違が一目で見てとれます。DSCF3880.JPG ▲ハイデルブルクから見下ろした風景しかし、最後の城主カール・テオドールがここを去った1777年以降、この城は無人の館となってしまい、一時期、砂岩の採石場となり、破壊されたりもしました。DSCF3973.JPG▲ワイン樽の番人ペルケオ人形
 城内には、世界最大のダス・ゴロッセ・フォス、ワイン用の大きな樽とその番人のペルケオ人形があり、樽そのものには登ることもできます。

古城街道

 ドイツを東西に走る古城街道沿いには、70を超える城塞や宮殿が立ち並んでいます。堅牢な中世の要塞から華やかな宮殿まで、見所あふれるツアーコースを巡ります。DSCF4143.JPG▲古城街道いろいろなエピソードを交えながら歩くといいでしょう。

ローテンブルク

  ロマンチック街道のハイライトで「中世の宝石箱」と称されるローテンブルク。 中世の街並みがそのまま残る「メルヘンの世界」へタイムスリップしましょう。市内の家々や細い路地、街角の噴水井戸など、日常目に映るどれもが中世「帝国自由都市」当時の人々の生活の舞台そのまま。DSCF4206.JPG▲ローテンブルクの町並み教会や博物館を見れば、その当時の人々の暮らしの息づかいまでも感じ取ることができます。また、かつての防御用の市壁の通路からは、今日の市民生活をかいま見ることができるのです。

ロマンチック街道

 ゆったと牧歌的な風景が続く街道。DSCF4216.JPG▲ロマンチック街道こんな田園風景を眺めている内に・・・ウトウトとお休み街道とも言われている。いつの間にか、おとぎの夢の国へ・・・。

ノンシュバンシュタイン城

山の中に聳え立つ真っ白なお城「ノイシュヴァンシュタイン城は、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなりました。バイエルン王国の国王ルートヴィッヒ2世(1845~86年)によって2年がかりで建てられた中世の様々な建築様式を採用。場内は、当時最新のテクニックが駆使され、かなり快適。DSCF4344.JPG▲ノンシュバンシュタイン城セントラルヒーティング、水道、お湯、水洗トイレ、電話、食事を運ぶためのエレベーターなどなど、19世紀の話とは思えないほど贅沢な装置満載。ここまでこだわった理由には、どんなわけがあったのでしょう。そこが訪れるポイント!

問い合わせはお気軽に
株式会社エスティーエス
営業時間9:00〜18:00
定休日:土曜/日曜/祭日
〒730-0852 
広島市中区猫屋町3-9 
STS本社ビル
082−292−2214
STS QRコード.png